2011年01月07日

慰問



刑務所には年に数回、慰問があります。


これはムショによっては内容も随分違うのですが


歌手が来て歌を唄ってくれるのが、まぁ最も豪華な慰問やな



そこらへんの「駆け出し」や、名も知らない売れない演歌歌手ではなく

じつにメジャーな大御所がやってくる(´-`).。o


ワシの服役中にも、

杉良太郎、八代亜紀、藤あや子 といった歌手が来てくれた。




他に、講演会や巡回映画なども月に一回程度あるが、

本当に受刑者というのは、日常の単純な生活意外に刺激がないので
感受性が強くなっているのか

歌を聴いても、映画を見ても、実によく泣き、よく笑う


全身刺青だらけのヤクザも嗚咽、そして大声で笑う



映画が終われば大拍手

ふつう、映画を観て拍手などやらないでしょう・・・




そして最も受刑者の心を打つのが


「園児の慰問」やな(゜д?)


まぁワシのように小さな子どもが娑婆にいる奴も

子共のいない奴も

園児達が歌って踊る無邪気な姿を見て

皆、涙する




その時の心のままで娑婆に帰ってもらいたいものや

……とワシが言うのも矛盾してるが、な (-_-メ)



posted by 賢 at 11:25| Comment(17) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

あるオッサンの地獄からの生還

今回は少々、長いです。




底辺の世界でも「ペイフォワード」



借金地獄から大繁盛の居酒屋経営までの軌跡

〜 あるオッサンの地獄からの生還 〜




ご存知のとおりワシは元ヤクザの幹部、

ご多分に漏れず日々のシノギは・・・

ノミ屋、繁華街の仕切り、金貸し、雀荘、ゲーム喫茶……と

いわゆる底辺に巣食う生き方。



そう書けば、悪行三昧の暴利を貪るように聞こえるかもしれんが

結果的には人の為になる事をした経験もあります(笑



自分を正当化するつもりはありませんが、

ヤクザだからといって血も涙もない人間じゃございません。

子供もいれば妻もいる。



ワシもこの世界に入るとき、父親との約束もある

メルマガの題名通りの、警官だった父との約束

・堅気の人を泣かせるな

・覚せい剤に手を出すな

ま、今回その話は置いといてヾ(¬。¬ )




ワシらヤクザは「生き方」つまりカネを稼ぐ手段が

世間一般とは違うだけです。

前置きはこれくらいにして




ワシの仕事のひとつである金貸し、つまり金融でんな

ヤミ金というやつです。…( ̄、 ̄

しかしワシはあまりあこぎな事はしなかった

しかも一般の庶民を泣かせるような事は絶対に



大抵は同業者(つまりヤクザ)か、出入りしている人間に
貸し付ける



そんな客の一人の人生の一部分

ひとりの人間の生き方の一部を紹介したい






その男が初めて現れたのは、私が経営していた喫茶店。

いわゆるゲーム屋である。




暇つぶしに、自分の店でゲームを回していたところ、

たまたま斜め向かいの席に二人で座った五十がらみの男。

それまでにもゲーム賭博を行った事があるらしく、
店員のネエチャンを呼んで

千円札を数枚差し出した。

一時間ほど経った頃だろうか、

「チェックして」

とネエチャンを呼び、数字を確認したネエチャンが
10万円ほど手渡した。




・・・ゲームの点数にカネを賭けて、上がった点数を買い取る、
というのがゲーム屋の仕組み。



パチンコと同じでゲーム機は圧倒的に店が勝つようにプログラムされている。

何十回に一回くらいの割合で、客が10〜20万円ほどのカネを持って帰れるようになっている。

ゼニに余裕のある人間が、遊びと割り切って、「程々」にスリルを味わう分には
面白いものや。




客層は様々で、タクシーの運転手、何処かの小金持ちの店主、呑み屋のママ……

まれにサラリーマンもいるが、大抵はサラ金地獄に陥っており、
そのうち来なくなる。




私が見てきた中には、100万円ほどつぎ込んだあげく、一度外に出て金を調達して来て、

更に数十万円を一瞬で使い果たし、挙句には

「この機械を売ってくれ!」

と言い出す輩もいた。


               

話を戻そう



「その男」は賢く、大負けもしなければ、
ヤケになってカネをつぎ込むようなマネもしなかった。


あとで聞いたが、その当時はホテルの料亭で板前をしていたらしい

一緒に連れ立って来ていた男が、通い慣れた風の男だった。




当然、ギャンブルに興味がある人間というものは、
他のギャンブルにも手を出す確立が高い。

いわずと知れたその男も、競輪が好きだった。



ワシの仕切るノミ屋にも通すようになり、
負け分を持ってくる事もしばしば…

浮き上がったり沈んだり、使える範囲内でいる内はまだ救われる


しかし、のめり込んだら・・・
つまり、負けを取り戻そうと焦りだすと盲目となり、

あっと言う間に無間地獄に陥る。




サラ金に手を出して返済しながら借金を繰り返す、

やがてどうにもならなくなる

今の社会では、弁護士や司法書士に頼んで、ある程度の整理は
つくようになっている。

金融業者も規制が厳しいから、一定のラインで手を打つわけだ。



しかし、まず自分で何とかしようと思うのが普通の考え、

つまり法的に片付けようとなると弁護士費用やら、
手続きのための時間、手間、

そして大方の借金人間がそうであるように、

連帯保証人との関係

だから借金して借金を返済という自転車操業となる




そして




次に手を出すのが「ヤミ金」


途中の話は省略するが……

ワシの系列で金融をしていた男から相談があった。




件の男の取立てである

ワシはむやみに脅したりすかしたりはしない。

それぞれ立場のある人間だから、それを殺さず、
取れるようにしておかねばならない



話を聞いた場所はにぎわっている居酒屋


映画やドラマのシーンのように、堅気の衆を事務所に呼びつけたりはしない

これは世間一般でも言える事だが 
「込み入った話」 というものは、

例えば別れ話などでも、そんなときは静かなところよりも、
多少ざわついている場所の方が話を進めやすい

主導する方もされる方も…だ。


取り引き話のテクニックとして覚えておいて頂きたい。




ワシが手を差し伸べたのは

「返せるように働かせてくれ」

という言葉だった・・・・・


借金がかさむと必然、返済も滞るようになる。

取り立てが職場にも及ぶ、当然、職場にも居辛くなる

ご多分にもれず仕事を辞めなければならない状況となった


しかし次の仕事を探さねば生きて行く事すらままならない




ワシの周りから、
人手が足りないと聞いていたオシボリの配達をあてがった。



店を構えさせるという考えが浮かんだのは間もなく、
すぐさま男に持ちかけた。



「わし、さほどの人脈も、ましてやご存知のように借金を抱えて
一円の資金もおまへん、それでも出来ますやろか?」


「やらにゃ生きて行けんやろう、アンタにゃ腕があるだろ?」




この不景気な御時世、敷金礼金ゼロの店舗は、
駅前という好条件といえど幾らでもある

決めたのは、駅から徒歩10分ほどの場所、
企業や役場の通勤路

帰りのヒトの流れも期待できる。


それよりも何よりも、
味は客を呼ぶ、
人柄は客を呼ぶ、ということ。




さて、荒れ果てた店内をどうしたものか?

その男の人脈と言えば以前の職場、これは期待できない

次に、出入りしていたゲーム屋

此処には沢山の常連がいる、
同じような境遇の人間が底辺で生きている

しかし、ワシが感じていたのは、このような境遇の人間の人脈も
馬鹿にはならんということ。



そんな常連仲間の行動はというと……



ある食堂の店主のところには、昼食時には常連客でいっぱいになる。

他にも、電気店のオヤジの店からみんな家電を買う、
地域に量販店があるにも関わらず、だ。

電車を下りても駅待ちタクシーには乗らず、
顔見知りの運転手を電話で呼び出す。


取り決めなどしていない。

みんな仲間内で助け合おう、と無言の結束があるようだ。



あるオヤジ曰く

「ワシら、狭い世間でしか生きて行かれんし、
どうせなら同じメシ喰うのも、仲間の店に行けば、
おかずの一品もつけてくれるし…という考えですわ」


「一人ひとりはガラクタかも知れんが、皆で助け合ったら、
何かできる思いますねん、そしてそれぞれチカラをつけたら、
こんな澱みから出てって、大きな事やればいい」


ワシも多少なりと強い立場から、周りの皆には指図する事もある。

「今度、誰々の店の修繕を手伝ってやれ」 だの

「○○5周年記念やから景気づけに行ってやれ」 だの



今回も然り

「だれか周りに大工と設備屋おらんか?」


大工は自分の仕事帰りに、1〜2時間ほど、その改装工事にとりかかる。

設備屋は、解体現場から持ち帰った使える商品を持ち込む

什器備品は、飲食店仲間が持ち寄る……

他にも……




そして、そんなみんなへの報酬は……



オープン時に振舞われる 「一杯の生ビール」


仕入れの酒屋はゲーム喫茶の出入り業者、最初のひと月だけは喫茶店のツケ


かくして、居酒屋はオープン


紹介で客を回し、その客が他人を呼ぶ


もちろん本人の努力なくして客が客を呼ぶ店に……なんてことは叶わない

板前の経験を生かして、仕入れから調理まで、いいものを提供すれば客筋もよい


すでに5年目


借金は完済


先日も「スジコの良いネタが入った」と電話があったので、妻と立ち寄った


「明日は早朝から、○○(仲間の家)の草狩りですわ、10人ほど来るので朝のうちに終わると思いますけど、雨降らなきゃいいが・・・」 と男は笑った。




posted by 賢 at 14:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

白玉の喧嘩



過日のことになりましたが

「鏡開き」にぜんざいを召し上がる方も多いと思います。

鏡餅を割ってぜんざいに入れるのが普通ですな( ̄ー ̄)


刑務所でも10日には「ぜんざい」がふるまわれます

酒もタバコも御法度のムショじゃあ、甘いものが唯一の楽しみ


ここでの「ぜんざい」は餅ではなく
白玉が入っている


大鍋で各房を注ぎ回るのだから、多少の量の違いもあり・・・・

白玉の数で大喧嘩をする奴らもいる訳だ (´-`).。o


そして当然、官の目に留まり「お咎め」となる


オマエ何個食ったんや?

オマエは?

・・・・・という具合に、
あまりにも稚拙な話やで…ったく( ̄、 ̄



まぁ、こんなところに閉じ込められてると

「しょうもない事」で喧嘩の原因となる


ジャンボジェットには
ワイパーが付いてるか付いてないか?で口論から発展

……とかな(笑



視野の狭い囚人らは、色んなことで
「いちゃもん」を付けよる

本を読んでいたら

ページをめくる「風」が寒いから読むな、
とかな ε- ( ̄、 ̄A)


posted by 賢 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

官の気まぐれ

寒い日々が多いですな ε- ( ̄。 ̄)

雪国の方のご苦労をお察しします。



まぁ、しかし、刑務所の寒さも相当なもんです(笑


作業場も然り

寒いとトイレも近くなりますな(´-`).。o


犯罪者の更正に効果的なのかどうかは判らんが

規律の厳しい刑務所、
便所に立つこともイチイチ許可を得なければならん



作業中は手を上げて「用便願います!」ヾ(¬。¬ )


しかし、ここで時々、イジメがあるのや

態度や素行の悪い懲役や官に嫌われとる奴らは、

無視される



「おやっさん!用便願います!!」

「おやっさん!・・・」

何度、用便を願い出ても・・・



しかし、人間には限界っちゅうもんがある


そしてしんぼう堪らなくなって走ると……

「無断離席」といって懲罰の対象や


歯向かおうものなら、担当抗弁といって、

これまた懲罰や…( ̄、 ̄


posted by 賢 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

 役得


懲役の作業も当然、適正を審査されて配属されるわけで……



まぁ、一般に誰でも出来る作業を行う工場が大多数なのだが

娑婆で生活していた職業の技能を加味して就労させられる場合も



調理や旋盤工なんぞは特に……





ある盗人なのだが、奴は娑婆では長年、料理人だった

で、、ムショでは調理担当

皆が工場で働く間、厨房で大人数の調理や

日々の懲役衆の食事もまた、このように懲役衆らが作る・・・




その現場で、官とのやり取り



生活態度もよく、顔も慣れてくるとこんな取引もある



「おい〇〇、チョットかき揚げ作ってくれんか?小腹すいてなぁ」
男 「へぇ、玉ねぎとニンジンか何かでよろしいでっか?」

「そやな、味つけてくれよ」



かくして、特注のかき揚げを献上


官 「お、一本やるか?」
男 「すんまへん」(;´Д`)y─┛~~
・・・・・・と、官の差し出すタバコを一服やらせてもらう

弁当のおかずを注文する官もいる



ムショに入れば酒もタバコも御法度、
というか目にする事すら叶わないのだから

至極の一服や(;´Д`)y─┛~~



ま、こんな生活をして上手く懲役生活をしのぎきるのが
得策っちゅうものや





これぞgoogleバイブル 【70ページOVER!】

Googleを無料で骨の髄まで使いこなす!
ライバルに差をつけ稼ぎの結果を残せるGoogle活用術!

http://google.zz.tc/go


posted by 賢 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

臭いメシ

いつもごありがとうございます。



またまた長らく
滞ってしまいました(´-`).。oO


またお付き合い願えれば幸いです。


・・・で皆さんはもう
正月気分も彼方へ、新年をスタート
されてらっしゃると思われます。


この時期は、
ワシがムショにいた頃の正月を
思い出しますなぁ
(;´Д`)y─┛~~




以前にも書きましたが、
正月は「銀シャリ」が出ます。

白米

普段は麦飯ですわ、ムショは

ところが昨今、この麦飯をはじめ
雑穀が注目されはじめてますな


ワシらのムショでの献立は
例えば……
麦メシ、焼き魚、煮豆、
キャベツの味噌汁、漬物か梅干

こんな具合です



どうでっか_?

身体にいいと思いませんか?

考えてみると、ムショの飯は
いわゆる「臭いメシ」と言われるが

健康にはとてもいい

あれで厳しい規律がなければ、
健康になる生活のはずだが・・・




ま、そんなこんなで、
毎年、正月はムショの飯を
思い出しながら


不摂生をやらずに、
身体にいいモンを食べるようにしてます

拘置所も然りです


なんなら
半月ほど入ってみまっか?
(´-`).。oO

血糖値、中性脂肪、コレステロールは下がり、
若返ること間違いなし
……と、思いますが
誰も行きとうないわな( ̄ー ̄)ニヤリ





◇どうすれば外科的な治療に頼らず視力を1.0以上にできるのか?

近視・遠視・老眼…様々な視力の低下はある“たった一つのこと”を
生活に取り入れることで完治することをご存知でしたか?
このレポートで様々な情報を提供します。

・視力が下がってしまう理由
・どうすれば視力の低下を防ぎ、1.0まで回復させられるのか
・ウソをつく眼科医がいることをしっていましたか?

全てお話します。

 無料レポート
 「どうすれば外科的な治療に頼らず視力を1.0以上にできるのか?」

http://tinyurl.com/ycbghrz
posted by 賢 at 09:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

独居房


  以前、独居房に移った当初の心情を、





  少々淋しく感じる…と綴ったが

  独りも、それはそれでいいものやと、感じる今日この頃

  ……と、人間ちゅうのは勝手なもので^^;



  
  今は午後6時過ぎ
  先ほど、夕方の点呼を終えたところ




  雑居房と違って、やはり気分がのんびりして、落ち着く






  ワシの性格には向いているのかもな、





  周囲の目もなく、日常の行動にも同調する必要がない、

  雑居なら、そろそろ皆で布団を敷いている頃だが
 
  ワシ独りなので、消灯時刻の直前まであわてる必要もない。






  そして、こうして日記を書いていられるが、皆がいると
  そうもいかない
  
  
  



  しかしこれが長期に渡ると、

  たまには雑談の相手も欲しくなるのだろうな







  勝手なものやヽヽ(´ー`)/





  しかし、こうして独居にいるのだから、日記も手紙も、読書も、

  落ち着いて出来るようになったのだから、健康を害わないよう
  過ごしたいものや







  「人間万事塞翁が馬」という中国の諺をキモに命じて、


  あと残りの日々を頑張りたいと思う。


  





  
  
  ■ 資金0のあなたもFX資金を確実にゲットする唯一の方法

資金0でも無料でFXを始める「ある方法とは?」

7月31日まで限定の極秘裏ワザです。

http://tinyurl.com/m5yrga





    

■ 住宅ローンの見直しで、支払総額が500万円程度安くなる!

『車好きなお父さん!春までにベンツが買えるじゃん!』

http://tinyurl.com/kqf587


posted by 賢 at 04:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

手紙




昨日、妻から速達が届いた。


内容は叔父(オジキ)からの伝言など



ワシの写真はまだ、○○興行と本部事務所に飾ってあるらしい。






つまり、今回の事件は、はじめは私事扱いだったが

オジキが働きかけてくれて、組事務所の事情で収監されている

ということになっている。 らしい




出てからの扱いが随分と変わるからな

オジキに感謝せねば  m【▼▼メ】m




(事件の経緯についてはバックナンバーを)





合法的に踏み倒せ 借金踏み倒し術



借金250万円を1円も払わず、合法的に踏み倒した男の無料レポート!

あなたは借金がありますか?

このままいつ終わるかわからない返済を続けますか?
あと何年も・・・

借金返済を苦に自殺、犯罪・・・まったく無意味な行動です。
 
http://tinyurl.com/o6s7et


 ----- ----- ----- -----


スピリチュアルカウンセラーが書いた金運UP術



努力だけでは難しい金運UPのコツをスピリチュアルのプロが伝授!

生まれ持った金運を発掘する方法、
パワースポットを活用しながら金運をUPする方法など

http://tinyurl.com/o4s3uj


 ----- ----- ----- -----



夢を実現する 脳のしくみ



私たちが生きている人生には限りがあります。

そのなかで、どれだけ多くのことに挑戦し、人として成長できるか。

夢を実現するために3つの欠かせない姿勢をお伝えします。

http://tinyurl.com/pa5bn2


 ----- ----- ----- -----

posted by 賢 at 10:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

進級



今日は午後から官に食堂へ呼び出された。


ワシの他にも6名



ワケが分らず待っていると官が二人来て



「今日集まってもらった7名は、15日付でそれぞれ進級とする」

と告知があった。





ワシを含め3名は3級

あとの4名が2級に



やっと進級や





前回、懲罰のことを書いたが、あれは遡った話で

長い時を経て進級することが出来た




嬉しかったなぁ (;´Д`)y─┛~~





そして15日からは面会が月に2回

ワシからの手紙の発信も月2回できるようになった。





もう降格することの無いように頑張らねば・・・・








この話を聞いた時、私はとても驚きました。


ムショの中にも痔で苦しんでいる奴も多いのですが



・・・健康オタクがついに暴露!

    マスコミがビビって取り上げられない痔になる食品




普段私たちが食べている食品が原因で、知らないうちに

痔が悪化していくとは・・・



私にこの話をしてくれた方は、35年間痔で悩んでいたそうです。

しかし、その原因を知り、今ではとても健康に暮らしています。



調べていくと、「あるもの」を大量に食べ続けると、

実はもっと恐ろしい生活習慣病になる原因でもあったのです!

http://s-url.jp?36203




ネットビジネスで成功する人間としない人間がいるのはなぜか?

5万円のシークレットセミナーの映像を本日中に限り無料で公開!

登録はコチラ

それでは・・・
posted by 賢 at 13:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

懲罰房の思い出



懲罰房に放り込まれたときの思い出、というか




キツいのです、これが






まず、身動きがとれない


身体の状態なんざ、官は誰も気にかけてくれんのや

ワシはたまたま、風邪をひいていて




熱もかなりあったが、姿勢を崩すことさえ許されない






もちろん、処置を願い出る事はできるが

聞き入れてもらえるワケやない


その当時、ワシがあまりに苦しそうだったので官は、



「よし、ちょっと壁にもたれてもかまわん」




これだけ…( ̄、 ̄







他に


水虫がひどく、足の痛みに耐えられず治療を申し出たところ


足の状態を見た官は……




「ん、もどってよし」




つまり




何も処置なし(-_-メ)






戻りつつ、歩くときに処遇に対する不満から、チョット首をかしげた



それを見ていた官


「まて、なんや、担当抗弁か?!」


たったこれだけで



懲罰の延長や…( ̄、 ̄




理不尽極まりないで、まったく (-_-メ)

ほなまた
posted by 賢 at 21:06| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

新工場




平成 九年 三月 二十二日  


先ほど、夕方の点呼が終わったばかりで、日記帳を開いている




今日から新しい工場での作業となる


今までの第十四工場と違い、少々狭くなったが、新しい工場なので

やはり気持ちがいいものや


教は備品の点検や、機械の設置に終始した一日だった


明日からまたここで頑張らねば




そして先週から独居房での生活になったので、気分も楽である

今までは就寝時刻の前にみんなで布団を敷いたのだが

ここだと、21時の就寝時刻まで、このままでくつろげる


ワシの性格にはピッタリの生活リズムやな (;´Д`)y─┛~~





さて、この日記も残り少なくなってきた


あと数十枚を残すところとなる


もう少しで日記も終わり ということ







どういうことか?





( ̄ー ̄)ニヤリ  







つまり、






待ちに待った出所です。






 『雑学生活3 〜人生に役立つ情報源〜』


 生活、健康、ビジネス、科学等あらゆるジャンルで

 専門家の役立つ情報を紹介しています。

 一般の情報誌では入手できない貴重な情報源です。

 http://itm-asp.com/cc/1615/Qz29X89v
posted by 賢 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

手紙の返事



先だって、子供達に書いた手紙の返事が届きました。





長男からの手紙 〜



お父さんへ


お父さん御元気ですか、ぼくは元気です。

この前は手紙ありがとう、すごくうれしかったです。

お父さんはすごく御仕事が忙しいみたいで、

なかなか帰って来れないですね

ぼくはとてもお父さんに会いたいです。

でもお父さんが仕事を終わらせて帰って来るまで、

ぼくはお父さんの代わりに、お母さんを助けて

頑張っていますから安心してください。


お父さんも体に気をつけて御仕事を頑張って

早く終わらせて帰ってきてください。

     待っています。        ●●より






長女からの手紙 〜



大好きなお父さんへ


お父さん元気ですか○○○は元気です

このあいだはお手紙ありがとう、すごく嬉しかったです。

もうすぐ一年生になります。七日が入学式です。

また写真を送るから見てください


それから少し遅れたけど、お誕生日おめでとう

○○○ももうすぐ七歳になります。

お父さんに早く会いたいです。

だから早くお仕事を終わって帰ってきてください。

からだに気をつけてください。待っています。  ○○○より



(便宜上、適所を漢字に変換しています。)






こうして子供達もワシに手紙を書けるように成長したんだな、と思うと


塀の中にいるワシは情けないやら何やら、複雑な気持ちになる


家族が成長している中で、ワシひとりが取り残されているような……




とにかく、家族が無事に毎日を送れている事に感謝せねば

妻に感謝です。
posted by 賢 at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

読書

  --- 四月一日(土) 晴れ ---



 つい先ほど、朝のテレビの時間に本を読み終えました。



 大石順教と言う一人の尼僧さんが書いた「無手の法悦」
 という本で、
 大変感動しました。(詳しくは後記で)



 義父に両手を切り落とされ、波乱万丈な人生を書いた
 自叙伝的な本ですが


 先ほど全編を読み終えて感動しています。






 得難いものを得たという気持ちで一杯になり、

 本を読めて心から感謝しています。




 皮肉なもので、

 こうして素晴らしい本に巡り合えるのも、
 此処にいたからこそであり


 人間の一生と言うものは、
 不思議な縁や力によって
 生かされているのであろうと思い、


 この生かされていること自体が有難い事で、、


 しっかりこれからの日々を送らねば、と
 今、しみじみと思う





 娑婆にいればこのような本に巡り合うこともなけりゃ、
 こういう人物や背景を知る事もなかっただろう。





 まぁ本だけやないが、こういう自分で気付く事を
 積み重ねてこそ、

 ムショという処で更生できるのやと思う。




 規律に縛りまくった生活をさせたからといって、
 人間ちゅうのは

 なかなか、変わるものではない


 
 それが証拠に、ムショから出て行ったほとんどのモンが、
 再び戻って来る……






 ところで妻から手紙が届いたのですが、色々と書いてあり、

 この前、子供たちに手紙を書いたのを子供らが読んで、
 とても喜んでいたと書いてあった (;´Д`)y─┛~~





  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 編集後記 ________

(※) 

 大石順教 「 無手の法悦 」 http://s-url.jp?33953

 道頓堀に生まれた「大石よね」は15歳の時、
 芸妓への道を目指し「山梅楼」の中川万次郎という人の
 養女となります。


 明治末期、大阪の堀江で狂乱の父親による
 「堀江の六人斬り」という
一家惨殺の殺人事件がありました。


 大石よねは両腕を切断されながらも一人だけ
 生き残りました。
 17歳のことです。


 今日では身体障害者への偏見も薄らいできていますが、

 福祉制度などない明治時代の話です。


 両腕を失い、家族を失ったよね子は
 話題の事件の被害者として

 身障者である自身の姿を見世物とし、
 寄席や地方巡業で生計を立て

 両親を養う日々が続くことになります。

 苦難に耐え、妻となり母となり、やがて仏門に入り
 大石順教として出家し、

 自らの境遇に照らし、多くの身障者の救済のために
 生涯を捧げたのです。 


-----------------------------------------------------------
posted by 賢 at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

写真面会



七年三月二十四日(金)  遡って書きますが……
 


朝から暑い一日だったが、今日はいい日や





午前中、官がやってきて工場の食堂で、写真面会を行ってくれた。






送られてきた写真は8枚、

すべて子供たちがそれぞれのポーズで写っていた。





●●(長女)が随分お姉さんらしく成長しているのには驚いた

そして■■(長男)も、▲▲(次女)も

それぞれ成長してうれしく思う



親は無くとも子は育つ・・・というが本当やな (;´Д`)y─┛~~







そして今日は三月生まれの者が各工場から集められ、


誕生会が開かれた。





内容は、赤飯の幕の内弁当と、すまし汁、羊かん2切れ

というご馳走を

テレビを観ながらいただきました。



見せてもらったテレビは「演歌の花道」という番組で

五木ひろしと川中美幸が出演していた






正月以来の赤飯なので、大変おいしく頂きました (´-`).。oO○


 


後ろの列を見ると、二十一工場で一緒だった三郎の顔が見えて

たいへん懐かしく思った。。。





他にも、何箇所かで一緒だった者たちが何人か……とても懐かしかった





次は来年の三月まで会うことはないと思うが、

まぁ無事に、また顔を合わせられるようにと、

そして皆が健康でいられるよう、そう願った一日でした。








◆身近で「うつ病(症状)」の人が。その時あなたは


心が疲れているあなたにおくります。

だから心を込めて書いてみました。

良かったら、相談してください。心の扉は開いておきます。


 
【爆新流】教えて!身近で「うつ病(症状)」の人が!
 
 その時あなたは……

http://www.lovewaza.jp/r/YmhfNWo=.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆通勤時間をひと工夫。あなたの生産性を15%向上させる方法とは?

あなたは働いてますか? 通勤時間はありますか?

サラリーマンなら必ずある通勤時間

この通勤時間をひと工夫して、あなたの生産性を15%あげませんか?

目からウロコの一工夫です


「通勤時間をひと工夫。あなたの生産性を15%向上させる方法とは?」

http://www.lovewaza.jp/r/YmhfZGg=.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 賢 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

出し子がパクられた




出し子がパクられた






先日の新聞に報道されていたが






振り込め詐欺の「出し子」 

つまり、ATMから現金を引き出す役を担う者





これは大いにリスクがある、当然や

防犯カメラに写るからな( ̄〜 ̄)





しかしここから上には普通、たどり着かない

元締めたちは捕まらないように策を立てているし





何より、警察がそこから手を伸ばすのは……






通帳を転売した主



つまり通帳の名義人

善意の第三者であることを証明できない限り、通帳名義人は捕まる事となる



たとえその名義人が健全な一般市民で、カネに困って背に腹をかえられず
通帳を二束三文で売り渡した……としてもだ。



まぁ、そんな場合、ちとお灸をすえられて帰してくれるとは思うが


これでシャンシャンシャンと手打ち






振り込め詐欺師のトップは捕まらない



ここにも、世の中の歪んだ構造が見え隠れする






ある程度、裏を取って

組織の幾らかを壊滅させるだけの準備ができないと、上には手を出さない


あんまり詳しく書くとマズイんで、この辺で…( ̄ー ̄)ニヤリ
posted by 賢 at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

高齢受刑者


高齢服役囚





ちょっとした内部事情やが


先日テレビでも取り上げていたが





高齢の服役囚たち





よほどの事情がない限り、刑務所に送り込まれるような事は起こさん

と、思われるでしょう







しかし現実は、高齢受刑者らは大抵、繰り返し出入りして


それもチンケな事件で、まさに懲りない面々なのや( ̄〜 ̄)







若い頃は勢いに任せて、そこそこ悪さをしても、高齢になると出来ん

しかし、年を重ねるにつれて社会で受け入れられない自分の居場所は……









結局、ムショ

と考えるようになる。









これは紛れもない事実、高齢受刑者をみていると思う。

しかも長年、ムショの厳しい生活に慣れると、

それが厳しい生活と感じなくなる







高齢者向けの作業があり、施設も一般とは違う




最近は何ヶ所かの刑務所に集中しているが、昔は分散していた

国も施設を改装したり、職員不足を補強したり対策を講じてるわけやが…











体に支障というか、まぁ高齢にもなれば「何処かしこ」 悪くなるもの

そんな高齢者専用の房はナント、










暖房が効いてる(-_-メ)









ま、そんな高齢者が出所したところで

娑婆に出て、身寄りもなく、仕事もなければ……  もちろん金もない









常習犯なら、ちょっとコンビニやスーパーでパンでも万引すりゃ

刑務所に戻れる









普通なら裁判で執行猶予付きで放免となるが

つまり出来心と判断されるような事件なら、
少々、オマワリさんから灸をすえられて家に帰してくれるのがオチ

なのだが・・・・・







そんな高齢受刑者は世間でなく刑務所でしか生きられんのやろうな








身体が悪ければ、もちろん医療従事者により手厚い看護もしてくれる





車椅子もあり、薬ももらえる

風呂はもちろん、髭剃りや爪切りまで職員の手によって

まさに、介護施設そのもの、なんら変わりはない





いたれり尽くせり






違う点は






社会から隔離されているというだけ


場所が刑務所というだけで、介護保険も、料金も何も関係ない

……となれば、生きる術(すべ)が見つけられない高齢出所者にとっちゃ








ムショがありがたい場所となるわけか……








これは国が定めた保護措置なのやから

少々歪んでるが

これが世の中の「仕組み」ちゅうものか…( ̄、 ̄








ただ、懲罰房のワシは熱が出ようが見向きもされんかったが…… 

                         
                          それは次回に
posted by 賢 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

発信制限


逮捕された瞬間から、外部との接触は一切絶たれる



唯一、制限を受けずに接触を許可されているのは

弁護士だけで・・・

官に立ち入られる事もなく面談できる


しかしそれも判決が確定するまでだが……





面会や信書による接触が許されているのは

留置場以降は親族のみ



しかも官の監視下に於いて






手紙は留置場の時点からすでに、内容を把握されての発信となる

留置の場合、担当警官が手紙をサラッと読んで許可をする




そういう手紙を受け取った事がある方はご存知だろうが、

便箋にさくらの刻印がされてある





まったく関知されずに交信できるのは弁護士のみ






あれは拘置所での出来事や・・・・・



監獄内でも郵便切手やハガキは購入しておくことが出来る

ある日、ワシは新聞に載っていたある応募券を切り取って、

ハガキに貼り、差出願いをした。





すると官が 

「これは許可できない、この紙を剥がせ」という



「どうしてでっか?こりゃカタログの応募券ですがな」


「いや、規定に反する、認めない」 と





「んなもん、納得できるかい!上官に面談させい!」



拘留中の現場処遇に不服があるときは

上部に申し立てが出来るのである。





かくして、所長なのか誰だか忘れたが、面談で

ハガキの件での不服を申し出ると



「文書のみ許可をするのが普通で、こういう物を細工するなら、

   例えば証拠隠滅に利用したり・・・という可能性も

        無きにしも非ずだからな、許可出来ない。」




あきれてもモノも言えん ┐( ̄ヘ ̄)┌



わずか1cm四方にも満たない新聞紙を切り抜いた紙っぺらに、

どうやって証拠隠滅の細工が出来るというのか?



「そんなもん、封書の切手のが大きいやないか!?」


そう言ってはみたものの、

ラチがあかないのは判っているので諦めた




ま、拘置所まではこういう反抗的な態度も多少やれる






これが刑務所だと即刻、懲罰房行きとなる。




懲罰房の厳しさと言ったら、まさに奴隷以下

人間扱いなどされんからな


しかも官の胸先三寸で普通の受け答えが「担当抗弁」にされて、

懲罰期限が過ぎても出してもらえなくなる。



ここで死んでしまう懲役も、ぎょうさんおるのや

しかし報告は病死とか、な……( ̄、 ̄





懲罰房についての話も、また折を見て…( ̄、 ̄


posted by 賢 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

新浴場


五月二十三日





今日は入浴日だった。



いやいや本当に驚いた!




作業が終わって浴場に入ってビックリや!



なんとキレイな浴場!




いままでの、あの狭い暗い汚い浴場とは比べ物にならん





広いし、何より1人ずつ鏡付きの洗い場があるやないか


それにシャワーも付いてる




見たときには本当にビックリした



まるで温泉街の浴場のようで、

思わず娑婆に出てきたのかと錯覚するくらいや





湯上りも、今までより気持ちよくて、

今夜はゆっくり休めそうや(笑





ホンマ、懲役生活が長いと、こんなことが極上の幸せになるのや



娑婆に戻ったら天国のような毎日やと思う




せやから言うて、自堕落な生活はしないように

その人生を充実して生きることが何より大事な事やと思う




間違っても、ここには戻らんように生きねば 




こんなワシにもお便り下さいな(;´Д`)y─┛~~

人生相談、裏の世界、何でも・・・



★★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★★

  2度の破産からの生還

  http://jigku.seesaa.net/

★★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★★
posted by 賢 at 14:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

新舎房


平成七年五月二十二日




連日の日記です




今、夕方の点呼が済んだところですが


今日から新舎房に移転した。





昨日までの二区と違い本当に美しい舎房です




おんぼろアパートから新築マンションに引っ越したような感じ

何もかも整っていて、とても気持ちがいい





同じムショの中で、
こうも差があると何となく自分は優遇されていると思い


これからもしっかり勤めなければ、という気持ちになる





これからまだ2年は過ごさなければならんから、
暮らしやすい環境が有り難い


次の日曜、免業の日には部屋の隅々までキレイにしようと思う







こんな些細な事に幸せを見出すのやから、
懲役ってのはエライもんやな(笑



今日も整理整頓にあれこれ忙しいから、日記はこの辺で・・・・
posted by 賢 at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

五月雨





  平成七年 五月 二十一日



昨日と違って今朝は激しく雨が降っている。





五月に入ってからは日曜日になると雨が降る

先ほどラジオの天気予報でアナウンサーが余談として話していたが

五月と言う月は雨が多いらしい……






今、こうして日記を書いているのだが、この部屋で日記を書くのも

今日で最後となる。。。。。( ̄、 ̄





いや、 出所ではなくて





新たな房が建設され、転房になる






引越しは明日の夕方、作業後に行うらしい

思えばこの独居房で過ごしたのも、ふた月あまりか






やっと狭い所に慣れたのだが、次の房は聞くところによると


この部屋の倍以上あるらしい

とは言うものの、タタミ3畳ほどの広さなのだが(笑

つまりココは一畳ちょい、大人ひとりが寝たら身動きとれん

いかに窮屈なところで生活していたことか・・・




それに新築であるから、何もかも新品なので気持ちがエエはず

その程度の事でも喜びに感じるのやから、懲役という生活は……






しかし、什器やコップ、ハンガーはこれまでの物を使うらしい


ともあれ

新しい処で心機一転、頑張ってみようと思う。




そこで出所を迎えられるまで、しっかり過ごさねばと思う





今も外は雨が降っています。


先ほど、ラジオで大相撲夏場所の千秋楽が終わった

優勝は貴乃花でした、曙は完敗でした。






さて、同じ独居房でも、懲罰房の厳しさといったら。。。( ̄□ ̄‖



そこらへん、また綴ります。
posted by 賢 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。